本文へスキップ

保育所の待機児童問題に対する施策について

保育所の待機児童問題に対する施策について

 

保育所を新しく開設

少子高齢化に伴い子供たちの減少が加速している現在では、保育所は減少していくのではないかと思われますがそれは大きな間違いです。核家族化が進み経済的な理由で専業主婦ができない家族世帯が増えています。この家族世帯では主婦もパートや派遣社員または正社員として働く必要があります。そのため昼間子供の世話をすることができません。そこで多くの母親が保育園を利用することになります。そのため現在保育所の数が不足しており待機児童の問題が大きな社会問題となっています。国や地方公共団体では待機児童の問題を解消するためにいろんな施策を行っていますが現実的に待機児童の問題が解消されるまでには至っておりません。それは現在の保育所を新しく建設するための問題点が誕生しているからです。  

待機児童問題では、保育園などの保育所以外にも私立の保育園や子供を預かる保育所の数が不足しているのが大きな原因です。家庭によっては母親が働かなければいけない経済的な理由もあり、将来の経済事情を考えて働く母親が増えています。このような家庭が増えているため昼間子供を預ける保育所は必要不可欠な存在になっています。しかも、公立の保育所は利用する料金も安く経済的な負担もとても軽いです。そのため多くの世帯でこの保育所の利用が増えています。その結果待機児童の問題になってしまいます。現在行われている待機児童問題の解決のために行われている施策と問題点について次のページから説明させていただきます。


● 管理人おすすめ外部リンク ●
保育所の需要が高まっている中で、保育士の需要も高まりを見せています。そのため求人数は非常に多く、保育士として働くチャンスは増えているでしょう。こちらのサイトには、保育士の求人に関する様々な情報が掲載されています ・・ 保育士 求人