本文へスキップ

保育所の待機児童問題に対する施策について

保育所の待機児童問題に対する施策について

 

都会と地方の問題

待機児童の問題は、保育所に子供を預けることができない家庭が増えていることが問題です。保育所の数が不足している一方毎年子供を預けたい家庭が増えています。この問題を解決するために行われている国や地方公共団体の施策では、別の問題が浮上することで解決が困難になっていることがあります。  

待機児童問題は、地方よりも都心の中心部や都会にこの問題が強く反映されています。都会になればなるほど人口が増える一方子供の数も増えていきます。その結果保育所の数が不足していくことになります。  

都会の場所に保育所を開設する事は、場所によっては土地を購入しなければいけません。マイホームを購入する土地の面積ではとても狭いため一定規模の広さがある土地が必要です。しかし、新しく購入するには、非常に高額な資金が必要です。土地を購入しても保育所の施設を建設しなければいけません。そのため国や地方公共団体の予算では、保育所を建設する割合に対する待機児童の数を解消するまでに建設が進んでいません。そのため待機児童の問題が解決していかないことになります。それでも国や地方公共団体では少しずつ保育所の建設を進めているため待機児童の数も少しずつ減少傾向にあります。