本文へスキップ

保育所の待機児童問題に対する施策について

保育所の待機児童問題に対する施策について

 

近隣とのトラブル

待機児童の問題を解決するためには新しい保育所を建設することが1番早い施策です。予算が決められている国や地方公共団体では、安く土地を購入したり利用したりする方法で保育所の建設を行っています。最近では、子供の利用が少なくなってきた公園を保育所にする方法を採用する施策を行っています。しかし、この方法は予算を少なくすることができますが別の問題が浮上しています。それが近隣住民とのトラブルです。  

最近の労働者の勤務形態は昼間の仕事以外にも夜勤や通常の広場の勤務とは違う時間帯に働く人も増えています。このような人たちは日中や昼間睡眠を補います。そのため近所に保育園ができることで子供たちの声の影響で安眠が妨害されると考える人たちが反対行動をします。その結果近隣住民の理解が得られないことで保育所の建設が頓挫している場所も多いです。   

待機児童問題で、このような近隣住民とのトラブルにより保育所は正しく建設できない地域が増えています。この傾向は地方よりも都心部に多く、今後も解決が難しいといえます。そこで市立の保育所を利用することを検討する家庭も増えています。国や地方公共団体で費用の負担をしてくれれば市立の保育所でも利用できる人が増えてくるでしょう。